海外視察支援

海外の最新事例を学ぶことが近道(かも)

現時点でIoT製品や関連サービスは、北米や中国などが日本よりも先行している、と言わざるを得ません。

実際に海外には、日本よりも多くのプレイヤーが存在し、既に収益性も確保しながら事業として成長させている企業も珍しくなくなってきました。

CESやIFAなどの見本市では、日本では見られない製品が多く展示され、アメリカなどでは日本よりも数多くのIoTプロダクトが量販店などでも目につきます。

​海外の展示会に参加してみたい、海外企業とコンタクトをして事業連携を模索したいが、言葉や文化の壁がありなかなか実現に至らない、という法人様をご支援させていただきます。