IoT製品企画開発支援

運用に耐えうる製品開発とは

IoT関連製品は、その見た目のモノだけではなく、様々な場面でソフトウェアのテクノロジーが必要となります。

いかに世の中にある技術を活用して、効率よく製品開発をしていくかが、製品開発コストの削減やその後の運用・改修コストの抑制に大きく響いていきます。

また、必要となる認定試験、商用販売開始した後に発生するお問い合わせに対し、いかに効率よくトラブルシューティングできるか、または製品の回収を避けて更新できるか、など観点が重要になります。

お取引先からは、他の製品やシステムとの接続性や連携などを求められることも少なくありません。

製品そのもののアイデアは保有しているが、その周辺をどうして良いかわからない、という法人様をご支援させていただきます。​